President greetings

社長挨拶

”楽しいを感じるコンテンツの創造”、これが我々の企業ポリシーです。

コンピュータの歴史は、ハードウェア中心の時代からソフトウェアの時代を経て、IT技術を駆使したインターネットの時代へと進化・発展してきました。 今では、携帯電話やスマートフォン、携帯型ゲーム機などコンピュータに限らずあらゆる機器がネットに繋がり、デジタル技術・コンピュータネットワークにより、時間と空間を超えたデジタルメディアの社会が日常生活にすっかり溶け込んでいると言えます。

こうした流れの中で、次に求められるものは何か、どんな時代が到来するのかを考えたとき、我々はコンテンツの時代であると考えています。むしろ、大量にコンテンツが求められる時代であると言えます。

コンテンツと言えば、ゲームや音楽などが代表的ですが、情報が多様化し氾濫している今は、日常のあらゆる情報がコンテンツになる可能性があります。 ただ、大事なことは、それらの情報をそのまま使うのではなく、構成やデザイン・インタラクションなどを加味することが必要だということです。それによって、コンテンツへとしての価値を生み出せる考えています。

そういった意味で、我々が今まで培ってきたゲームやアニメ、3DCG、Webや携帯サイトなど様々な分野でのコンテンツの企画制作ノウハウを活かして、”新しい何か”を作り出していきたいと考えています。

Company Profile

会社概要

ミレニアム・エンタテイメント 会社概要

商号 有限会社 ミレニアム・エンタテイメント
(Millennium Entertainment, Inc.)
代表者 村本 周示(Syuji Muramoto)
事業所

●東京本店
〒106-0031
東京都港区西麻布1-14-6 ParkAxis西麻布Stage 903
TEL:03-5775-1965
FAX:03-5775-1965
所在地へのアクセスはこちら

●本店・経理
〒252-0143
神奈川県相模原市緑区橋本8-29-62
TEL:042-773-5379
FAX:042-773-5379

設立 2000年1月
資本金 3,000,000円
決算期 12月
取引銀行 東京三菱銀行 橋本支店 / りそな銀行 橋本支店
主要取引先(順不同)
  • 株式会社ビットウェイ
  • 株式会社デジクラフト社
  • 株式会社エポック社 株式会社シンフォーム
  • 株式会社JTB
  • 株式会社ベネッセコーポレーション
  • 株式会社JIC
  • 株式会社J&J事業創造
  • 株式会社イマジカ
  • ウォルト・ディズニージャパン株式会社
  • オリコン株式会社
  • 株式会社角川モバイル
  • 株式会社フジテレビジョン
  • 日本SGI株式会社
  • 株式会社BMB
  • インクリメント・ピー株式会社
  • 株式会社モノリス
  • バンダイナムコゲームス株式会社
  • 株式会社T2i
  • 株式会社NTTデータ
  • 住友商事株式会社
  • パナソニック・モバイル・コミュニケーション株式会社
  • さつき株式会社
  • トッパン・フォームズ株式会社
  • ジー・プラン株式会社
  • 財団法人NHKエンジニアリングサービス
  • 日本電計株式会社
  • 株式会社フジサンケイリビングサービス(ディノス)
  • 富士通株式会社
  • 財団法人デジタルコンテンツ協会
  • 富士フィルム株式会社
  • 株式会社ナムコ
事業内容
  • インターネット上のソフトウェア/サービスの企画/開発/制作/運営/販売
  • 携帯情報機器を利用したソフトウェア/サービスの企画/開発/制作/運営/販売
  • コンピュータゲームの企画/制作/開発/販売
  • グラフィックデザイン/コンピュータグラフィックの企画/制作/販売
  • 映像ソフトウェアの企画/制作/編集/販売
  • コンピュータソフトの企画/開発/販売
  • コンピュータシステム/コンピュータグラフィックの技術コンサルティング
  • コンピュータ機器及び周辺機器の企画/開発/製作/販売
  • 出版物の企画/制作/販売
  • キャラクターの企画/販売

代表取締役・プロデューサー:村本周示の主な略歴

1986年4月 日本電気エンジニアリング株式会社へ入社
無線通信事業部構造技術部第2構造設計課
  • 宇宙開発関連の地上装置の構造設計
  • 宇宙ステーション搭載装置の構造設計
  • BS等採用導波管の構造設計
  • 人工衛星に搭載する地球観測用宇宙望遠鏡(ASTER/VNIR)の構造設計
  • NASAを中心とする国際協力プロジェクト
  • CAE-2D(メインフレームACOS-4~UNXマシンEWS4800)を用いた各種構造設計及びシステムの運用管理
1991年3月 株式会社リンクスへ入社
株式会社IMAGICAテクノシステム(部門独立による別会社発足)
株式会社IMAGICAデジックス(業務拡大による新会社発足)
  • IMAGICAオリジナルの国産3DCGソフト「Personal LINKS」システムの関連ソフトウェアの開発
  • 国内・海外の主要CG/映像関連システムのSE
  • CGコンテンツの制作
  • VRMLコンテンツの制作/セミナー講師
  • 書籍執筆:「これがJavaだ!」「HTML辞典」
1999年1月 株式会社アンフィニ・エンタテイメント・テクノロジへ入社
アニメンタル・スタジオ株式会社を兼務
  • デジタルコンテンツ全般のプロデュース
    :ゲーム、リアルタイム3D、ホームページ、ソフトウェア開発
  • デジタルアニメーションの制作
    :タツノコプロとの共同設立会社アニメンタル・スタジオのプロデューサーを兼務し、OVA「サクラ大戦 轟華絢爛 2話~水のある都市(まち)~」のデジタルワークを担当
2000年1月 有限会社ミレニアム・エンタテイメント設立
代表取締役となる

エンタテイメントからビジネスユースまで幅広く、Webサイトや携帯・スマホアプリ、コンテンツを企画/プロデュース/ディレクションを行う。





Characteristic

特徴

デジタル技術を活用して、ゲーム開発・リアルタイム3DCG制作・ソフトウェア開発・ホームページ制作・ネットワークコンテンツ・各種映像制作などの企画・提案から制作・開発までをトータルにカバーし、エンタテイメント・コンテンツ全般の企画・プロデュース・ディレクションを行います。
また、コンピュータ技術と人間の持つアナログ感覚を融合した、新世紀に向けた新しいエンタテイメントを創造していきます。

プロフェッショナルなヒューマンネットワークの活用

CG制作やプログラム開発など、10数年の間業界で培ってきたプロフェッショナルな人々とのヒューマンネットワークを活用し、高次元・高品質なコンテンツの制作・開発に柔軟に対応していきます。 重厚長大な規模の時代ではなく、少数精鋭で高度なコンテンツ制作のマネジメントを行い、適材適所でタイムリーな人材をアサインすることで、より合理的なプロジェクト体制を組んでいきます。

”楽しい!”を感じるコンテンツの企画制作

人それぞれに、感じる楽しさがあります。ゲームをプレイするインタラクティブな楽しさ、CG映像を鑑賞するビジュアルの楽しさ、携帯電話で会話をするコミュニケーションの楽しさ。 デジタル技術が、人々の”楽しい!”を演出しています。
高度に発達したデジタル技術を活用しながらも、人間の持つ感覚・感性を大事にし人それぞれに”楽しい!”を感じるエンタテイメント・コンテンツの企画・制作に取り組んでいきます。

ボーダレスなコンテンツの融合

ゲーム・CG・アニメーション・インターネット・映像など、各種カテゴリーに分かれていたコンテンツが、デジタルとネットワークに融合していきます。特に、21世紀となった現在、より顕著な形態としてこれらのコンテンツのボーダレス化が進行していきます。
そのため、これからのコンテンツ制作に求められるのは、従来の垣根を越えたボーダレスにコンテンツを作り上げていく能力です。
弊社では、今まで携わった様々なコンテンツ・カテゴリーの経験を踏まえて、デジタルとネットワークにより、ボーダレスなコンテンツの企画・制作に取り組んでいきます。

History

沿革

●2000年1月
有限会社ミレニアム・エンタテイメントを設立。
●2000年6月
港区西麻布に東京本店を開設。
●2001年2月
環境演出型インタラクティブ展示システム(MR)「キュリー夫妻の実験室」を企画・制作。
●2002年10月
オリジナルキャラクター「チョーたえこ」を、東京コンテンツマーケットへ出展。
●2003年10月
Flash合成エンジン「スプラッシュコンダクター」を開発・リリース。
●2003年2月
CAVE型VRコンテンツ「アトミックガーディアンズ」を企画・制作。
●2006年8月
オリジナルキャラクター「はんぺんズ」がローソン中四国の夏の販促キャンペーンに採用。TVCMの放映と約20万個の値付けを配布。
●2006年10月
「CEATEC JAPAN 2006」に「スプラッシュコンダクター」を出展。
●2007年11月
携帯電話向けFlashサイトのCMS「モバッシュ」をリリース。
●2008年2月
Web制作・イベント映像制作を行う「株式会社コンテンツ・キッズ」に出資。
●2009年3月
「ネット&モバイル通販ソリューションフェア2009」に「モバッシュ」を出展。
●2010年12月
デジタルサイネージCMS「らくらくサイネージ」をリリース。小田原百貨店等で採用され運用。
●2010年11月
Flash合成エンジン「スプラッシュコンダクター」のWebサイトリニューアル。
●2011年7月
スマホアプリ「ハピネスフェアリー 神のお告げ」をAppStoreからリリース。
●2014年7月
ボイスオーダーメイドサイト「ハピネスフェアリー ドリームボイス」を開設。
●2015年10月
スマホアプリ「はんぺんズのフットレース」をリリース。
●2015年11月
スマホアプリ「ハピネスフェアリー プラス10」をリリース。
●2016年7月
「はんぺんズ」のLINEスタンプをリリース。
●2017年12月
VRシューティングゲーム「ペーパードラゴン撃退大作戦」を自社開発。
●2017年12月6・7・8日
第3回テーマパークEXPOへVRシューティングゲームを出展。